コンサート情報

第39回宇都宮市民芸術祭・第17回定期演奏会
2018年5月13日(日) 宇都宮市文化会館・大ホール
一般(高校生以上)1,000円(当日、前売り同じ・全席自由)

=オール〈シベリウス〉プログラム=
・交響詩《エン・サガ(ある伝説)》Op.9
・ヴァイオリン協奏曲ニ短調 Op.47
・交響曲第2番ニ長調 Op.43

指揮:石川和紀
演奏:宇都宮シンフォニーオーケストラ

さぁ〜て、次回のUSOは〜!!

シベリウス 下から読んだら スウリベシ

というわけで、次回のUSOはオールシベリウスプログラムです。

シベリウスはフィンランドの作曲家で、若い頃はヴァイオリニストを目指していましたが、あがり症のため断念して作曲に専念することになったそうです。

エンサガ
エンサガとはスウェーデン語で『ある伝説』という意味で、本人いわくこの曲にはシベリウスの青春のすべてが含まれていると言ってもいいそうです。へぇー。

ヴァイオリン協奏曲ニ短調
シベリウス唯一の協奏曲がこの曲です。ヴァイオリ二ストを目指していたシベリウスの作品らしく難技巧が随所に取り入れられており、演奏は容易ではありません。激ムズです。

交響曲第2番ニ長調
シベリウスの交響曲は全部で7曲ありますが、2番目に書かれたのがこの曲です。というのは当たり前ですが、7曲の中で1番ポピュラーな作品です。「シベ2」って言うとちょっと通っぽいです。(そうでもない)